• 石川潤平工房 御印華唐織
  • 石川潤平作 瑞宝夢殿
  • 力石鎧秀作 赤糸威大鎧
  • 石川潤平作 おぼこ大将

遡ること1819年 時は江戸、文政年間。この地に松本城主の御用商人、仚利(やまり)檜皮屋(ひわだや)として産声をあげました。 商売が盛り上がる中で、昭和6年には松本市にある富士浅間神社(深志神社)に狛犬を奉納するなど「縁起よし」を家訓に商売を勃興してきました。 これからの200年も「ひな祭り」「端午の節句」「盆行事」という文化を後世に伝え残せるよう珠玉の一品を持って皆様のお越しをお待ちしております。

ひな人形のページへおひなさまはお子様が健康で無事に育つように、人生で幸福が得られますようにとの親の願いが込められたお守りです。

五月人形のページへ鎧・兜はお子様の身を守るお守り。鯉のぼり・武者のぼりは立身出世を願って飾ります。

蔵の人形美術館のページへ人形彫刻作家「磊<RAI>」作品をはじめ、こだわりの人形を展示しています。ぜひ一度ご覧ください。  (松本市景観賞受賞)

正月飾りのページへ破魔弓は、字のごとく邪気や厄災からお子様を守る飾り物。羽子板は、邪気をはね(羽根)のけ、無事成長することを祈って初正月に飾ります。

市松人形のページへ今では数少ない手作りのお人形。かわいいお子様のお守りとして飾る人形です。 四季を通じてお飾りいただけます。

盆提灯・盆飾りのページへ盆提灯、盆飾りは精霊送迎の意味だけでなく、生前のご恩に対する感謝の気持ちを込めた大変心のこもった先祖供養の表し方です。

匠の作家紹介

初代 石川潤平プロフィール大正9年 福島県にて生まれる
昭和54年 伝統工芸士の称号認定される
昭和62年 伝統工芸品産業功労者表彰
平成元年 総理府付黄綬褒章受章
平成2年 今上天皇即位に際し、三番叟献上
平成5年 小和田家 雅子様ご婚約に際し、立雛献上
     皇太子殿下ご成婚に際し、三番叟献上
平成7年 勲六等瑞宝章受章
平成16年 埼玉県より無形文化財認定(平成20年 永眠)
その他、アメリカ大統領四代に寄贈(ニクソン、フォード、カーター、レーガン)


二代目 石川潤平プロフィール昭和26年 埼玉県岩槻市に生まれる
昭和45年 父である初代 潤平に師事する
平成11年 二代目 潤平を襲名
平成11年 ドイツ・ハーナウ市ヘッセン人形博物館へ「東風」寄贈
平成12年 埼玉県文化センターに木目込み製作工程寄贈
平成13年
 明治神宮へ木目込人形「官公」奉納
平成16年 経済産業大臣指定 江戸木目込人形伝統工芸士
平成22年 日光世界遺産劇場にて伝統的工芸展に出展・実演
伝統に裏打ちされた技と洗練された現代感覚で、人形制作に打ち込む。


石川佳正プロフィール昭和30年 埼玉県に生まれる
昭和46年 父である初代 潤平に師事する
人形の他、彫刻、日本画、彩色を学ぶ
昭和62年 埼玉美術家協会正会員となる
平成2年 通商産業大臣表彰(全国第一位賞)
平成10年 ドイツ・ハーナウ市ヘッセン人形博物館に「牛若丸」寄贈
平成16年
 経済産業大臣指定 江戸木目込人形伝統工芸士(総合部門)
平成18年 人形彫刻作家「磊(RAI)」として新作発表
昭和53年~ 多数受賞あり


石川泰大プロフィール昭和62年 埼玉県に生まれる
平成15年 初代 石川潤平に師事する
平成16年 彫刻家 島田忠恵氏に学ぶ
平成17年 人形彫刻作家「磊(RAI)」に師事する
平成18年 磊楽人形彫刻美術館展にて入選(頭部門)
平成19年 天神頭製作に携わる
平成19年 磊楽テラコッタ展覧会にて入選
平成23年 オリジナルブランド「泰(YASU)」創作木目込を発表
平成23年
 雛人形衣裳着(全体造形・頭)をプロデュース


川野輪廣文プロフィール昭和16年 栃木県に生まれる
昭和35年 小宮映鐘に師事する
昭和40年 及川映峰に師事する
昭和44年 独立
平成元年 初代 石川潤平に師事する
平成5年 日本人形美術愛好展示会入選(雛人形頭の部)
平成17年 磊楽人形彫刻美術館展に入選(頭部門)
日本人形美術評議会認定頭師


石川宜史昭和59年 埼玉県に生まれる
平成19年 二代目石川潤平、石川佳正に師事する
平成22年 結髪師 大石純子に師事する
平成27年 人形工房たかふみとして独立
磊楽人形工房及び石川潤平工房の専属人形作家として活躍


小林誠道昭和41年 川崎市川崎区に生まれる
平成元年 早稲田大学を卒業後、林屋人形店に入社
平成2年 初代 石川潤平に師事 人形作りを基礎から学ぶ
平成12年 石川佳正に師事 彩色や人形彫刻を学ぶ
平成17年 彫刻家 島田忠恵のもとでデッサンや造形の勉強を始める
平成20年 人形工房はやしや設立


板倉誠州昭和34年 埼玉県に生まれる。
昭和49年 頭師 安生仁光斎に師事する
平成2年 頭師 木村誠洲に師事する
平成7年 頭師として独立する
平成9年 人形美術館展にて特選(頭部門)
平成12年 人形美術館展にて入選(頭部門)
平成15年 枠目頭を発表する
日本人形美術評議会認定頭師
初代 石川潤平に師事する

節句人形アドバイザー資格認定証社団法人日本人形協会認定「節句人形アドバイザー」

節句行事や人形に関する知識、製作工程から手法、歴史的背景まで熟知している、公的に認められたプロの節句人形販売員です。試験により審査し認定する資格で、現在全国で約600名が認定されています。また資格要件には、不当表示をしない事などの誠実な販売姿勢が厳しく求められております。
「人形のお顔、髪型、お道具類は、お客様のお好みにより組み合わせ自由です。品質、大きさ、価格の違いなどはもちろん、お節句のお祝いの仕方など、何でもお気軽にご相談ください。お客様のお部屋に合わせた飾り方をご提案させていただきます。」
節句人形アドバイザー 林 真

NEED YOUR SMILEみんなの笑顔の写真や絵で楽しくお祝いしよう♪

自分やお子様、家族や友達、親戚や近所の方から海外の仲間まで、笑顔の写真や絵(手描きイラスト等)ならなんでも大丈夫です。
コンテストに応募頂いた方一人につき100円を公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて、世界中の子ども達が笑顔になれるような活動に寄付いたします。

安心の自社配達致します。 諏訪市 岡谷市 茅野市 下諏訪町 原村 富士見町 伊那市 駒ヶ根市 辰野町 箕輪町・村 飯田市 塩尻市 木曾郡 東筑摩郡 大町市 池田町 松川村 白馬村 上田市 小諸市 佐久市 東御市 安曇野市 松本市

実演会のお知らせ

恒例実演会 入場・見学無料

 

2018年1/27(土)・28(日)
10:00〜17:00(予定)

有難うございました。終了

2018年3/31(土)・4/1(日)
10:00〜17:00(予定)

職人による手作業の工程を実演いたします。木目込み、お雛様・おぼこ大将のことならなんでも質問してみてください。
【純金箔名入れ】
人形の背中にお子様の名前をお入れします。胡粉でお名前を書き、漆を塗り、金箔で仕上げます。※実演日までにご予約いただいたお客様に限らせていただきます。

【過去の実演会】

2017年4月1日・2日
伝統工芸師・二代目石川潤平先生

2017年3月18日・19日
創作人形作家・石川宜史先生

2017年1月28日・29日
伝統工芸師・二代目石川潤平先生

2017年1月21日・22日
石川潤平工房頭師・川野輪廣文先生

お気軽にお越しください。
林人形工房入り口

林人形工房入り口

林人形工房入り口

石川潤平工房・磊楽人形工房の若手職人の紹介動画

人形供養

高砂通人形供養祭実行委員会では、毎年、松本市 四柱神社境内 焼納殿にてお役目を全うしたお雛様や端午の節句の人形への感謝をこめた人形供養をしています。(詳細はお問い合わせ下さい)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.