端午の節句

  • HOME »
  • 端午の節句

力石甲人・鎧秀の鎧・兜のページへ

石川潤平のおぼこ大将・石川佳正のおさな大将のページへ

五月人形は、お子様の厄払いをするお守りです。

 五月人形とは端午の節句に飾る、勇壮で華麗な鎧(よろい)・兜(かぶと)のことです。もともと菖蒲の季節の5月5日は、宮廷で武術を競い、病気や災いを祓う式日でしたが、武家の時代になると菖蒲=尚武とかけて甲冑や刀などの武具を飾り、武運長久・立身出世を願う儀式となりました。それが江戸時代に庶民にも広がり、現代に受け継がれているわけです。
 大空を泳ぐ鯉のぼりは「激流を登り切った鯉は竜になる」という中国の登竜門伝説に由来するもので、男の子が困難に打ち勝って大成するようにとの願いを込めて飾ります。ですから、生まれた男の子の立身出世を願って鯉のぼりを、無病息災を願って鎧・兜・武者人形を飾ります。

鯉のぼりのページへ

武者のぼりのページへ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.