市松人形

  • HOME »
  • 市松人形

市松人形

市松人形市松人形

伝統工芸師・松乾斎東光の市松人形

今では数少ない手作りのお人形。 目元、口元のやさしさ、古布ならではの温かみは何とも言えない味わいです。
かわいいお子様のお守りとして飾る人形です。 四季を通じてお飾りください。

貴女の華やいだ思い出を人形にしませんか

当工房では貴女が身にまとい、慈しんできた着物、帯などであなただけの市松人形をお作りします。 毎年、秋に市松人形展を開催しています。 (詳しくは当店にお尋ねください)

市松人形市松人形展示風景

市松人形

市松人形

松乾斎東光プロフィール

昭和3年 東京都出身
昭和25年 初代 松乾斎東光に師事
昭和60年 オランダ・ロッテルダム市庁舎を訪問、市松人形を贈呈展示される
昭和61年 答礼人形「ミス倭日出子」身長90cmを修復、新たに「ミスター倭富士男」を制作し、アメリカの首都ワシントンのスミソニアン博物館に寄贈し展示される
昭和63年 第一回東京都知事指定伝統工芸士に認定される
平成元年 フォード元アメリカ大統領ご夫妻に市松人形15号(53cm)男女一対を寄贈する
平成2年 昭和2年アメリカへ友好親善として贈られた市松人形「ミス大阪」身長85cmを修復
平成6年 能楽師、野村弓作氏特註により舞台上で使用する尺五(53cm)市松人形かき毛(男)裸を制作
東宮雅子様(宮内庁)より特註の尺五市松人形を制作献上
昭和2年に渡米した答礼人形「ミス奈良」85cmを修復
平成7年 答礼人形「ミス富士」、「ミス岐阜」85cmを修復
平成16年 答礼人形「長野絹子」85cmを修復


 

長野絹子を修復された松乾斎東光のお人形たち

長野絹子を修復された松乾斎東光のお人形たち

松乾斎東光:かき毛抱き人形

松乾斎東光:かき毛抱き人形

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.